戻る

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 全四十帖  の巻(第一帖〜第廿七帖) 月の巻(第廿八帖〜第四十帖)
                      自 昭和十九年旧九月一日 至 昭和十九年十一月三十日  一七四帖〜二一三帖

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第一帖 (一七四)7 昭和十九年
富士は晴れたり日本晴れ。(ヒ)の巻書き知らすぞ。此の世に自分の物と云ふ物は何一つないのであるぞ。早う自分からお返しした者から楽になるのざぞ。今度の大洗濯は三つの大洗濯が一度になって居るのざから、見当取れんのざぞ。神の国の洗濯と外国の洗濯と世界ひつくるめた洗濯と一度になってゐるのざから、そのつもりで少しでも神の御用務めて呉れよ。此れからがいよいよの正念場と申してあろがな。今はまだまだ一の幕で、せんぐり出て来るのざぞ。我出したら判らなくなるぞ、てんし様おがめよ、てんし様まつりて呉れよ、臣民無理と思ふ事も無理でない事沢山にあるのざぞ、神はいよいよの仕組にかかったと申してあろがな。毀すのでないぞ、練り直すのざぞ。世界を摺鉢に入れて捏ね廻し、練り直すのざぞ。日本の中に騒動起るぞ。神の臣民気つけて呉れよ。日本も神と獣に分れているのざから、いやでも応でも騒動となるのざぞ。小さくしたいなれど。
旧九月一日、ひつくのか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二帖 (一七五)6 昭和十九年
三千年三千世界乱れたる、罪やけがれを身において、此の世の裏に隠れしまま、此の世構ひし大神のみこと畏み此の度の、岩戸開きの御用する、身魂は何れも生きかはり、死にかはりして練りに練り、鍛へに鍛へし神国の、まことの身魂天駈り、国駈ります元の種、昔の元のおん種ぞ、今落ちぶれてゐるとても、やがては神の御民とし、天地駈けり神国の、救ひの神と現はれる、時近づきぬ御民等よ。今一苦労二苦労、とことん苦しき事あれど、堪へ忍びてぞ次の世の、まこと神代の礎と、磨きて呉れよ神身魂、いやさかつきに栄えなむ。みたまさちはへましまさむ。
旧九月二日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第三帖 (一七六)5 昭和十九年
此の神示声立てて読みて下されと申してあろがな。臣民ばかりに聞かすのでないぞ。守護神殿、神々様にも聞かすのぞ、声出して読みてさへおればよくなるのざぞよ。じゃと申して、仕事休むでないぞ。仕事は行であるから務め務めた上にも精出して呉れよ。それがまことの行であるぞ。滝に打たれ断食する様な行は幽界の行ぞ。神の国のお土踏み、神国の光いきして、神国から生れる食物頂きて、神国のおん仕事してゐる臣民には行は要らぬのざぞ。此の事よく心得よ。
十月十九日、一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第四帖 (一七七)4 昭和十九年
戦済みても後の紛糾なかなかに済まんぞ。人民いよいよ苦しくなるぞ。三四五の仕組出来ないで、一二三の御用はやめられんぞ。此の神示読んで三四五の世の仕組よく腹の中に入れておいて上の人に知らしてやりて下されよ。三四五とはてんし様の稜威出づことぞ。
十月二十日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第五帖 (一七八)3 昭和十九年
神の国には神も人も無いのざぞ。忠も孝もないのざぞ。神は人であるぞ。山であるぞ。川であるぞ。めである。野である。草である。木である。動物であるぞ。為すこと皆忠となり孝とながれるのぞ。死も無く生も無いのぞ。神心あるのみぞ。やがては降らん雨霰、役員気つけて呉れよ。神の用意は出来てゐるのざぞ。何事からでも早よう始めて呉れよ。神の心に叶ふものはどしどしとらち明くぞ。
十月二十一日、一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第六帖 (一七九)2 昭和十九年
アメツチノトキ、アメミナカヌシノミコト、アノアニナリマシキ、タカアマハラニミコトトナリタマヒキ。今の経済は悪の経済と申してあろがな、もの殺すのぞ。神の国の経済はもの生む経済ぞ。今の政治はもの毀す政治ぞ、神の政治は与へる政治と申してあろが。配給は配給、統制は統制ぞ。一度は何もかも天地に引上げと申してあるが、次の四の種だけは字に埋めておかねばならんのざぞ。それで神がくどう申してゐるのぞ。種は落ちぶれてゐなさる方で守られてゐるぞ。上下に引繰返ると申してある事近づいて来たぞ。種は百姓に与へてあるぞ。種蒔くのは百姓ぞ、
十月の二十二日、ひつ九かみ。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第七帖 (一八〇)岩戸以下原文
五八三十十九四六七八八九四六 三三九四七九七百三 三九三三 一二三 三五 一九七四 一六七一三〇九七四九四百一九七四三九三三 一三
十二四  一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第七帖 (一八○)1 昭和十九年
ツギタカミムスビ、ツギカミムスビノミコトトナリタマイキ、コノミハシラスニナリマシテスミキリタマイキ。
岩戸ひらく道、神々苦むなり、弥ひらき苦む道ぞ、苦しみてなりなり、なりゑむ道ぞ、神諸々なり、世は勇むなり、新しき道、ことごとなる世、神諸々四方にひらく、なる世の道、ことごとくの道、みいづぞ。
十月二十四日、一二。(岩戸ひらく以下の原文は一五六頁に掲載)

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第八帖 (一八一)1 昭和十九年
ツギウマシアシカピヒコヂノカミ、ミコトトナリナリテアレイデタマイキ。
瓜の蔓に茄子ならすでないぞ。茄子には茄子と申してあろがな。味噌も糞も一つにするでないぞ。皆がそれぞれに息する道あろがな。野見よ森見よ。神の経済よく見よ。神の政治よく見て、まことの政治つかへて呉れよ。すべてにまつろう事と申してあろがな。上に立つ番頭殿目開いて下されよ。間に合はん事出来ても神は知らんぞ。神急けるぞ。役員も気配れよ。
旧九月八日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第九帖 (一八二)2 昭和十九年
何事も持ちつ持たれつであるぞ。神ばかりではならず、人ばかりではならずと申してあろが、善一筋の世と申しても今の臣民の言ふてゐる様な善ばかりの世ではないぞ。悪でない悪とあなないてゐるのざぞ。此のお道は、あなないの道ぞ、上ばかりよい道でも、下ばかりよい道でもないのざぞ。まつりとはまつはる事で、まつり合はす事ざぞ。まつり合はすとは草は草として、木は木として、それぞれのまつり合はせぞ。草も木も同じまつり合せでないのざぞ。
十月の二十六日。ひつ九か三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第十帖 (一八三)3 昭和十九年
ツギ、アメノトコタチノミコト、ツギ、クニノトコタチノミコト、ツギ、トヨクモヌノミコトトナリナリテ、アレイデタマイ、ミコトスミキリタマヒキ。
辛酉の日と年はこわい日で、よき日と申してあろがな。九月八日は結構な日ざが、こわい日ざと申して知らしてありた事少しは判りたか。何事も神示通りになりて、せんぐりに出て来るぞ。遅し早しはあるのざぞ。この度は幕の一ぞ。日本の臣民これで戦済む様に申してゐるが、戦はこれからぞ。九、十月八日、十八日は幾らでもあるのざぞ。三月三日、五月五日はよき日ぞ。恐ろしい日ざぞ。今は型であるぞ。改心すれば型小さくて済むなれど、掃除大きくなるぞ。猫に気付けよ、犬来るぞ。臣民の掃除遅れると段々大きくなるのざぞ。神が表に出ておん働きなされてゐること今度はよく判りたであろがな。と神との戦でもあると申してあろがな。戦のまねであるぞ。神がいよいよとなりて、びっくり箱開いたら、臣民ポカンぞ。手も足も動かすこと出来んぞ。たとへではないのざぞ。くどう気付けておくぞ。これからがいよいよの戦となるのざぞ、鉄砲の戦ばかりでないぞ。その日その日の戦烈しくなるぞ、禅締めて呉れよ。
十月二十五日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第十一帖 (一八四)4 昭和十九年
学も神力ぞ。神ざぞ。学が人間の智恵と思ってゐると飛んでもない事になるぞ。肝腎の真中なくなりてゐると申してあろが。真中動いてはならんのざぞ。神国の政治は魂のまつりことぞ。苦しき御用が喜んで出来る様になりたら、神の仕組判りかけるぞ。何事も喜んで致して呉れと申してあろがな。臣民の頭では見当取れん無茶な四になる時来たのざぞ。それを闇の世と申すのぞ。神はゝ臣民は○、外国は○、神の国ゝはと申してあろが、神国から見れば、まわりみな外国、外国から見れば神国最中。人の真中には神あらうがな。悪神の仕組は此の方には判りてゐるから一度に潰す事は易いなれど、それでは天の大神様にすまんなり、悪殺して終ふのではなく、悪改心さして、五六七のうれしうれしの世にするのが神の願ひざから、この道理忘れるでないぞ。今の臣民幾ら立派な口きいても、文字ならべても、誠がないから力ないぞ。黙ってゐても力ある人いよいよ世に出る時近づいたぞ。力は神から流れ来るのぞ。磨けた人から神がうつって今度の二度とない世界の、世直しの手柄立てさすぞ。みたま磨きが何より大切ぞ。
十月の二十七日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第十二帖 (一八五)5 昭和十九年
三ハシラ、五八シラ、七八シラ、コトアマツカミ、ツギ、ウヒジニ、ツギ、イモスヒジニ、ツギ、ツヌグヒ、ツギ、イモイクグヒ、ツギ、オホトノジ、ツギ、イモオホトノベ、ツギ、オモタル、ツギ、イモアヤカシコネ、ミコトト、アレナリ、イキイキテ、イキタマヒキ、ツギ、イザナギノカミ、イザナミノカミ、アレイデマシマシキ。
足許に気付けよ。悪は善の仮面かぶりて来るぞ。入れん所へ悪が化けて入って神の国をワヤにしてゐるのであるぞ、己の心も同様ぞ。百人千人万人の人が善いと申しても悪い事あるぞ。一人の人云っても神の心に添ふ事あるぞ。てんし様拝めよ。てんし様拝めば御光出るぞ、何もかもそこから生れるのざぞ。お土拝めよ。お土から何もかも生れるのぞ。人拝めよ、上に立つ人拝めよ、草木も神と申してあろがな。江戸に攻め寄せると申してあろがな。富士目指して攻め来ると知らしてあること近付たぞ。今迄の事は皆型でありたぞ、江戸の仕組もお山も甲斐の仕組も皆型ぞ、鳴門とうづうみの仕組も型して呉れよ。尾張の仕組も型早よう出して呉れよ。型済んだらいよいよ末代続くまことの世直しの御用にかからすぞ。雨降るぞ。
十月二十八日、ひつ九のかみ。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第十三帖 (一八六)6 昭和十九年
人間心で急ぐでないぞ。我が出てくると失策るから我とわからん我あるから、今度は失策ること出来んから、ここと云ふ時には神が力つけるから急ぐでないぞ。身魂磨き第一ぞ。蔭の御用と表の御用とあるなれど何れも結構な御用ざぞ。身魂相当が一番よいのざぞ。今に分りて来るから慌てるでないぞ。今迄の神示よく読んでくれたらわかるのざぞ。それで腹で読め読めとくどう申してゐるのざぞ。食物気つけよ。
十月二十八日、ひつ九のかみ。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第十四帖 (一八七)7 昭和十九年
世の元からの仕組であるから臣民に手柄立てさして上下揃った光の世にするのざから、臣民見当取れんから早よ掃除してくれと申してゐるのぞ。国中到る所花火仕掛けしてあるのぞ。人間の心の中にも花火が仕掛けてあるぞ。何時その花火が破裂するか、わからんであろがな。掃除すれば何もかも見通しざぞ。花火破裂する時近づいて来たぞ。動くこと出来ん様になるのぞ。蝋燭の火、明るいと思ふてゐるが、五六七(ミロク)の世の明るさはわからんであろが。
十月の三十一日。ひつ九のかみ。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第十五帖 (一八八)8 昭和十九年
目覚めたら其の日の生命お預りした事を神に感謝し、其の生命を神の御心のままに弥栄に仕へまつる事に折れよ。神は其の日其の時に何すべきかに就て教へるぞ。明日の事に心使ふなよ。心は配れよ。取越苦労するなよ。心配りはせなならんぞ。何もかも神に任せよ。神の生命、神の肉体となりきれよ。何もかも捨てきらねばならんぞ。天地皆神のものぞ、天地皆己れのものぞ。取違ひ致して呉れるなよ。幾ら戦してゐても天国ぞ、天国とは神国ぞ。神国の民となれば戦も有難いぞ。いきの生命いつも光り輝いてゐるぞ。神にまつろてくれと申してあろが。あめつち皆にまつろて呉れと申してあろがな。ここの道理よく判りたであろが。何も云ふ事ないぞ。神称へる辞が光透ぞ。あめつち称へる言が光透ぞ。草木の心になれと申してあろがな。神風もあるぞ。地獄の風もあるぞ。迷ふでないぞ、神の申すコトはコトであるぞ。コトに生きてくれよ。コトにまつろへよ。
十一月の一日、ひつ九か三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第十六帖 (一八九)9 昭和十九年
慌てて動くでないぞ。時節が何もかも返報返しするぞ。時の神様有難いと申してあろがな。神は臣民から何求めてゐるか。何時も与へるばかりでないか。神の政治、神国の政治は与へる政治とくどう申してあろがな。今の遣方では愈々苦しくなるばかりぞ。早よう気付かぬと気の毒出来て来るぞ。金いらぬと申してあろが。やり方教へてやりたいなれど、それでは臣民に手柄無いから此の神示よく読みてくれといふてあるのぞ。よき事も現れると帳消しとなる事知らしてあろが、人に知れぬ様によき事はするのざぞ。この事よく深く考へて行へよ。昔からのメグリであるから、ちょっとやそっとのメグリでないから、何処へ逃げてもどうしてもするだけの事せなならんのざぞ。どこにゐても救ふ臣民は救うてやるぞ。真中動くでないぞ、知らぬ顔しておる事も起るぞ。
十一月三日、一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第十七帖 (一九〇)9 昭和十九年
ココニアマツカミ、モロモロノミコトモチテ、イザナギノミコトイザナミノミコトニ、コレノタダヨヘルクニ、ツクリカタメナセト、ノリゴチテ、アメノヌホコヲタマヒテ、コトヨサシタマイキ。
神の国にも善と悪とあると申してあろがな。この神示見せてよい人と悪い人とあるのざぞ。神示見せて呉れるなよ。まことの神の臣民とわかりたら此の神示写してやりてくれよ。神示は出ませぬと申せよ。時節見るのざぞ。型してくれたのざからもう一の仕組よいぞ。此の神示表に出すでないぞ。天明は蔭の御用と申してあろが。神示仕舞っておいてくれよ、一二三として聞かしてやって呉れよ。此の方の仕組日に日に変るのざから、臣民わからなくなると申してあろが。日に日に烈しく変りて来るのざぞ。神の子には神示伝へてくれよ。神せけるぞ。渦海の御用結構。
十一月四日、一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第十八帖 (一九一)11 昭和十九年
ツギニイザナミノミコト、イザナミノミコトニ、アマノヌホトヲタマヒテ、トモニ、タタヨヘル、コトクニツクリカタメナセトコトヨサシタマヒキ。
日に日に烈しくなると申してあろがな。水いただきにあげなならんぞ。お土堀らねばならんぞ。言波とくに磨きてくれよ。コトに気つけて呉れとくどう申してあろが。してはならず。せねばならず、神事に生きて下されよ。
十一月六日、ひつ九のか三しらすぞ。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第十九帖 (一九二)12 昭和十九年
今のやり方、考へ方が間違ってゐるからぞ。洗濯せよ掃除せよと申すのはこれまでのやり方考へ方をスクリと改める事ぞ。一度マカリタと思へ。掃除して何もかも綺麗にすれば神の光スクリと光り輝くぞ。ゴモク捨てよと申してあろがな。人の心ほど怖いものないのざぞ。奥山に紅葉あるうちにと申すこと忘れるなよ。北に気付けよ。神の詞の仕組よく腹に入れておいて下されよ。今度のさらつの世の元となるのざぞ。
十一月七日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二十帖 (一九三)13 昭和十九年
神の用意は何もかも済んでゐると申してあろが。臣民の洗濯早よ致してくれよ。さらつの世の用意早よしてくれよ。今度の世には四十九の御役、御仕事あるのざぞ。四十九の身魂と申してあろがな。神の申したこと次々と出て来ておろうがな。早よこの神示腹に入れよ。早よ知らしてくれよ、今迄の神示役員の腹に入る迄は暫く此の神示出ぬぞ。大切の時には知らすなれど、そのつもりでおりて呉れよ、ヌの種大切にして下されよ。毒吐き出せよ。
十一月の八日、ひつくのか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二十一帖 (一九四)14 昭和十九年
人まづ和し、人おろがめよ。拍手打ちて人とまつろへよ。神示よんで聞かして呉れよ。声出して天地に響く様のれよ。火と水ひふみとなるのざぞ。火近づいたぞ。水近づいたぞ、厭でも応でもはしらなならんぞ。引くり返るぞ。世が唸るぞ。神示よめば縁ある人集って来て、神の御用するもの出来て来る事わからんか。仕組通りにすすめるぞ。神待たれんぞ、
十一月十日、ひつ九か三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二十二帖 (一九五)15 昭和十九年
お宮も壊されるぞ。臣民も無くなるぞ。上の人臭い飯食ふ時来るぞ。味方同士が殺し合ふ時、一度はあるのざぞ。大き声で物言へん時来ると申してあろがな。之からがいよいよざから、その覚悟してゐて下されよ。一二三が正念揚ぞ。臣民の思ふてゐる様な事でないぞ。この神示よく腹に入れておけと申すのぞ。ちりちりばらばらになるのざぞ。一人々々で何でも出来る様にしておけよ、
十一月十一日、ひつ九か三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二十三帖 (一九六)15 昭和十九年
一升桝には一升しか入らぬと臣民思ふてゐるが豆一升入れて栗入れる事出来るのざぞ。その上に水ならばまだはいるのざぞ。神ならばその上にまだ幾らでもはいるのざぞ。神が移りたら人が思はぬ事出来るのざぞ。今度は千人力与へると申してあろが。江戸の仕組世の終りぞ。天おろがめよ。つちおろがめよ。まつはれよ。秋の空グレンと申してあろがな。冬も春も夏も気つけてくれよ。
十一月十三日、ひつ九か三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二十四帖 (一九七)14 昭和十九年
ココニイザナギノミコト、イザナミノミコトハ、ヌホコ、ヌホト、クミクミテ、クニウミセナトノリタマヒキ、イザナギノミコトイザナミノミコト、イキアハシタマヒテ、アウ、あうトノラセタマヒテ、クニ、ウミタマヒキ。
コトの初め気付けて呉れよ。夜明けたら生命神に頂いたと申してあろがな。太陽あるうちはことごとに太陽の御用せよ。月あるうちはことごとに月の神の御用せよ。それがまことの臣民ぞ。生活心配するでないぞ。ことわけて申せば今の臣民すぐは出来ぬであろが。初めは六分国のため、四分自分の為、次は七分国のため、三分自分の為、次は八分国の為二分自分のため、と云ふ様にして呉れよ。これはまだ自分あるのざぞ。自分なくならねばならぬのざぞ。神人一つになるのざぞ。
十一月二十日、ひつ九

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二十五帖 (一九八)13 昭和十九年
ハジメ痺mクニウミタマヒキ、痺mクニウミタマヒキ、撃フクニウミタマヒキ、ツギニクニウミタマヒキ。
神に厄介掛けぬ様にせねばならんぞ。神が助けるからと申して臣民懐手してゐてはならんぞ、力の限り尽さなならんぞ。と痰ニは違ふのざぞ。臣民一日に二度食べるのざぞ、朝は日の神様に供へてから頂けよ、夜は月の神様に捧げてから頂けよ、それがまことの益人ぞ。
十一月二十一日、一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二十六帖 (一九九)12 昭和十九年
ー、ア、ア、ウ、うにアエオイウざぞ。昔の世の元ぞ。イ、ウ、ク、ヤ、ワあるぞ、世の元ぞ。サタナハマからあるぞ。一柱、二柱、三柱、五柱、七柱、八柱、九柱、十柱、と申してあろがな。五十九の神、七十五柱これで判りたか。はゝ(キ)ざぞ。ゝには裏表上下あるのざぞ。冬の先春とばかりは限らんと申してあること忘れるなよ。用意せよ、冬に桜咲くぞ。
十一月二十二日、ひつ九

第ひふみ神示 第六巻 日月の巻 二十七帖 (ニ○○)11 昭和十九年
神の国は生きてゐるのざぞ、国土おろがめよ、神の肉体ぞ。神のたまぞ。道は真直とばかり思ふなよ、曲って真直であるぞ、人の道は無理に真直につけたがるなれど曲ってゐるのが神の道ぞ。曲って真直ぐいのざぞ。人の道も同じであるぞ。足許から鳥立つぞ。愈々が近づいたぞ。世の元と申すものは泥の海でありたぞ。その泥から神が色々のもの一二三で、いぷきで生みたのぞ。人の智ではわからぬ事ざぞ。眼は丸いから丸く見えるのざぞ。この道理わかりたか。一度はどろどろにこね廻さなならんのざぞ。臣民はどない申しても近慾ざから先見えんから慾ばかり申してゐるが、神は持ち切れない程の物与へてゐるでないか。幾ら貧乏だとて犬猫とは桁違ふがな。それで何不足申してゐるのか。まだまだ天地へ取上げるぞ。日々取上げてゐる事わからんか。神が大難を小難にして神々様御活動になってゐること眼に見せてもわからんか。天地でんぐり返るぞ。やがては富士晴れるぞ。富士は晴れたり日本晴れ。元の神の世にかへるぞ。日の巻終りて月の巻に移るぞ。愈々一ニ三が多くなるから、今までに出してゐた神示よく腹に入れておいてくれよ、知らせねばならず、知らしては仕組成就せず、臣民早よ洗濯して鏡に映る様にしてくれよ。今の世地獄とわかってゐるであろがな。今のやり方悪いとわかってゐるであろがな。神まつれと申すのぞ。外国には外国の神あると申してあろが。み戦さすすめて外国に行った時は、先づその国の神まつらねばならんぞ、まつるとはまつろふ事と申してあろが。鉄砲や智では悪くするばかりぞ。神先づまつれとくどう気つけてあるのは日本ばかりではないぞ。此の方の申すこと小さく取りては見当取れんと申してあろがな。三千世界の事ぞ。日本ばかりが可愛いのではないぞ、世界の臣民皆わが子ぞ。わけへだてないのざぞ。この神示よみて聞かしてくれよ。読めば読むほどあかるくなるぞ。富士晴れるのざぞ。神の心晴れるのざぞ。あらたぬし世ぞ。
十一月二十三日、一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二十八帖 (二〇一)原文
一八十ヽヽ十ハレ 二二七ヽ嵩 九ノ数ェ九一ん四六百ノ三 四ノ百十十百ゝ百ノ八一ヽヽヽ三三ヽヽヽ三 九百デヽ九二十七ヽ三一二元二ヽ百十八九ノ九二ノ九十三 瘤O七帥m瘁A九ノ四ノ大瘤Oマ三 一八ムてヽヽ七り 垂ト月ヽ七り九二十七リタノ三三 アヽ帥m瘤Oヽ七りッハ月ノ瘤O三 九二ノ瘤Oヽ八瘤O七帥m瘤Oマ三 九ノ九十一二九九ろ二一レヽヽ十二ハタト七一三 九レン十八上下カヽヽ九十十百四てアヽヽ七 一二て七帥k九十三 一八ヽヽ七らヽ九十三
アメノつ九ノ

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二十八帖 (二〇一)10 昭和十九年
岩戸あけたり日本晴れ富士ひかるぞ。この巻役員読むものぞ。世の元と申すものは火であるぞ水であるぞ。くもでてくにとなったぞ。出雲とはこの地の事ぞ。スサナルの神はこの世の大神様ぞ。はじめは曹ナあるなり、(うご)いて月となり地となりたのざぞ。アは(ヒツキクニ)の神様なり、ッ(ヨ)は月の神様ぞ、クニの神様はスサナルの神様ぞ。この事はじめに心に入れれば掃除タワイないぞ、グレソとは上下かへる事と申してあろうがな、云ふてはならぬ事ぞ。いはねばならぬ事ぞ。
アメのつ九の

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二十九帖 (二〇二)原文
一十一一十一三九十ノ四十七る三 ノ九十一二四り三九十七一三 百ノ一二七四 三九十一二ノ三三三九十瘤O 三三 ア三 四カ○るノ三 七二百八ケ四九七キアケ三 一九三百七キアケ三八九二二十九百痰ト七一三 一カリ九へ四一キ三三 瘤O七帥m三九十〇つり九れ四 一十九三う七八随\八九ノ九二三
十一 二五 一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第二十九帖 (二〇二)9 昭和十九年
一日一日みことの世となるぞ。神の事いふよりみことないぞ。物云ふなよ。みこと云ふのぞ。みこと神ざぞ。道ぞ。アぞ。世変るのぞ。何もはげしく引上げぞ。戦も引上げぞ。後に不足申すでないぞ。光食へよ。息ざぞ。素盞鳴尊まつり呉れよ。急くぞ。うなばらとはこのくにぞ。
十一月二十五日、一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 弟三十帖 (二〇三)8 昭和十九年
おのころの国成り、この国におりましてあめとの御柱見立て給ひき。茲に伊邪那岐命伊邪那美命島生み給ひき。初めに水蛭子、淡島生み給ひき。この御子国のうちにかくれ給ひければ、次にのりごちてのち生み給へる御子、淡道之穂之三別島、伊予の二名島、この島愛媛、飯依比古、大宜都比売、建依別と云ふ。次、隠岐の三子島、天之忍許呂別。次、筑紫島、この島白日別、豊日別、建日向日豊久土比泥別、建日別。次、伊伎島、天比登都柱。次、津島、天狭手依比売。次、佐渡島。次、大倭秋津島、天津御空豊秋津根別。次、吉備之児島建日方別。次、小豆島、大野手比売。次、大島大多麻流別。次、女島、天一根。次、知詞島、天忍男。次、両児島、天両屋、二島、八島、六島、合せて十六島生み給ひき。次にまたのり給ひて、大島、小島、生み給ひき。淡路島、二名島、おきの島、筑紫の島、壱岐の島、津島、佐渡の島、大倭島、児島、小豆島、大島、女島、なかの島、二子島の十四島、島生みましき。次に、いぶきいぶきて、御子神生み給ひき。大事忍男神、大事忍男之神、石土毘古神、石土毘古神、石巣比売神、石巣比売神、大戸日別神、オホトヒワケノカミ、天之吹男神、あま之吹男神、大屋毘古神、大屋毘古神、風木津別之忍男神、風木津別之忍男神、海神、海神、大綿津見神、水戸之神、水戸の神、速秋津比神、速秋津比売神、速秋津比売神、風神、風神、志那都比古神、木神、木神、久久能智神、山神、山神、大山津見神、野神、野神、鹿屋野比売神、野椎神、鳥之石楠船神、天鳥船神、大宜都比売神、大宜都比売神、火之夜芸速男神、火之輝比古神生みましき。速秋津日子、速秋津比売二柱の神川海に因りもちわけ、ことわけて、生ませる神、沫那芸神、沫那美神、頬那芸神、頬那美神、天之水分神、国之水分神、天之久比奢母智神、国之久比奢母智神、次に、大山津見神、野椎神の二柱神、山野に依りもちわけて、ことあげて生みませる神、天野狭土神、国之狭土神、天之狭霧神、国之狭霧神、天之闇戸神、国之闇戸神、大戸惑子神、大戸惑女神、大戸惑子神、大戸惑女神生みましき、伊邪那美神やみ臥しまして、たぐりになりませる神、金山比古神、金山比売神、屎になりませる神、波仁夜須比古神、波仁夜須比売神、尿に成りませる神、弥都波能売神、和久産巣日神、この神の御子と豊宇気比売神と申す。ここに伊邪那美神、火の神生み給ひて、ひつちとなり成り給ひて、根の神の中の国に神去り給ひき。ここに伊邪那岐神泣き給ひければ、その涙になりませる神、泣沢女神ここに迦具土神斬り給へば、その血石にこびりて石析神、根析神、石筒之男神、雍瓦速日神、樋速日神、建御雷大神、建布都神、豊布都神、御刀の手上の血、闇於加美、闇御津羽神、ここに殺されし迦具土の御首に成りませる神、正鹿山津見神、御胸に於藤山津見神、腹に奥山津見神、陰に闇山津見神、左の御手に志芸山津見神、右の御手に羽山津見神、左の御足に原山津見神、右の御足に戸山津美神、成りましき、ここに斬り給へる御刀、天之尾羽張、伊都之尾羽張、と云ふ。ここに妹恋しまし給ひて音の国に追い往で給ひき。
十一月二十五日夜、一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第三十一帖 (ニ○四)8 昭和十九年
一二三四五六七八九十百千卍。今度は千人万人力でないと手柄出来んと申してあろがな。世界中総掛りで攻めて来るのざから、一度はあるにあられん事になるのぞ。大将ざからとて油断出来ん。富士の山動く迄にはどんな事も耐えねばならんぞ。上辛いぞ。どんなことあっても死急ぐでないぞ。今の大和魂と神の魂と違ふ所あるのざぞ。その時その所によりて、どんなにも変化るのが神の魂ぞ。馬鹿正直ならんと申してあろ。今日あれし生命勇む時来たぞ。
十一月二十六日、一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第三十二帖 (二〇五)6 昭和十九年
おもてばかり見て居ては何も判りはせんぞ。月の神様まつりて呉れよ。此の世の罪穢れ負ひて夜となく昼となく守り下さる素盞鳴神様あつくまつり呉れよ。火あって水動くぞ。水あって火燃ゆるぞ。火と水と申しておいたがその外に隠れた火と水あるぞ。それを一二三と云ふぞ。一二三とは一二三と云ふ事ぞ、言波ぞ。言霊ぞ、祓ひぞ、(ウズ)ぞ。スサナルの仕組ぞ。成り成る言葉ぞ、今の三み一たいは三み三たいぞ。一とあらはれて二三かくれよ。月とスサナルのかみ様の御恩忘れるでないぞ。御働き近づいたぞ。
十一月二十七日、ひつ九かみ。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第三十三帖 (二〇六)5 昭和十九年
宝の山に攻め寄せ来ると申してくどう気付けておいたでないか。神の国にはどんな宝でもあるのざぞ国、昔から宝埋けておいたと申してあろがな。○の国にも埋けておいてあるのざぞ。この宝は神が許さな誰にも自由にはさせんのざぞ。悪が宝取らうと思ったとてどんなに国に渡り来てもどうにもならん様に神が守ってゐるのざぞ。いよいよとなりたら神がまことの神力出して宝取り出して世界のどんな悪神も神の国にはかなはんと申す所まで、とことん心から降参する所まで、今度は戦するのざから臣民余程見当取れんことに、どんな苦労もこばらなならんのざぞ。知らしてありた事、日々どしどしと出て来るぞ。われよしすてて呉れよ。
十一月二十八日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第三十四帖 (ニ○七)4 昭和十九年
この神示よく読みてくれよ。早合点してはならんぞ。取違ひが一番怖いぞ。どうしたらお国の為になるのぞ。自分はどうしたら好いのぞと取次にきく人沢山出て来るなれど、この神示読めば、どうしたらよいか判るのざぞ。その人相当にとれるのぞ。神示読んで読んで腹に入れてもう分らぬと云うことないのざぞ。分らねば神知らすと申してあろうがな。迷うのは神示読まぬからぞ。腹に入れておらぬからぞ。人が悪く思へたり、悪くうつるのは己が曇りてゐるからぞ。
十一月二十九日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第三十五帖 (二〇八)3 昭和十九年
元からの神示腹に入れた人が、これから来る人によく話してやるのざぞ。この道はじめは辛いなれど楽の道ぞ。骨折らいでも素直にさへしてその日その日の仕事しておりて下されよ。心配要らん道ぞ。手柄立てようと思ふなよ。勝たうと思ふなよ。生きるも死ぬるも神の心のままざぞ。どこにどんな事して居ても助ける人は助けるのざぞ。神の御用ある臣民安心して仕事致しておりて下されよ。火降りても槍降りてもびくともせんぞ。心安心ぞ。くよくよするでないぞ。神に頼りて神祀りてまつわりておれよ。神救ふぞ。
十一月二十九日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第三十六帖 (二〇九)2 昭和十九年
今の臣民見て褒める様な事は皆奥知れてゐるぞ。之が善である、まことの遺方ぞと思ってゐる事九分九厘迄は皆悪のやり方ぞ。今の世のやり方、見れば判るであらうが、上の番頭殿悪い政治すると思ってやってゐるのではないぞ。番頭殿を悪く申すのでないぞ。よい政治しようと思ってやってゐるのぞ。よいと思ふ事に精出してゐるのざが、善だと思ふ事が善でなく、皆悪ざから、神の道が判らんから、身魂曇りてゐるから、臣民困る様な政治になるのぞ。まつりごとせなならんぞ。わからん事も神の申す通りすれば自分ではわからんこともよくなって行くのざぞ。悪と思ってゐることに善が沢山あるのざぞ。人裁くのは神裁くことざぞ。怖いから改心する様な事では、戦がどうなるかと申す様な事ではまことの民ではないぞ。世が愈々のとことんとなったから、今に大神様迄悪く申すもの出て来るぞ。産土様何んぞあるものかと、悪神ばかりぞと申す者沢山出てくるぞ。此の世始まってない時ざから我身我家が可愛い様では神の御用つとまらんぞ。神の御用すれば、道に従へば、我身我家は心配なくなると云ふ道理判らんか。何もかも結構な事に楽にしてやるのざから、心配せずに判らん事も素直に云ふ事聞いて呉れよ。子に嘘吐く親はないのざぞ。神界の事知らん臣民は色々と申して理屈の悪魔に因はれて申すが、今度の愈々の仕組は臣民の知りた事ではないぞ。神界の神々様にも判らん仕組ざから、兎や角申さずと、神の神示腹に入れて身魂磨いて素直に聞いて呉れよ。それが第一等ざぞ。此の神示は世に出てゐる人では解けん。苦労に苦労したおちぷれた人で、苦労に負けぬ人で気狂と云はれ、阿呆と謂はれても神の道素直に聞く臣民でないと解けんぞ。解いてよく噛砕いて世に出てゐる人に知らしてやりて下されよ。苦労喜ぶ心より楽喜ぶ心高いぞ。
十一月二十九日、一二

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第三十七帖 (二一○)1 昭和十九年
天にもあまてらすすめ大神様、あまてらす大神様ある様に地にも、あまてらすすめ大神様、あまてらす大神様あるのざぞ。地にも月読の大神様隠れて御座るのざぞ。素盞鳴の大神様罪穢れ祓ひて隠れて御座るのざぞ。結構な尊い神様の御働きで、何不自由なく暮して居りながら、その神様あることさへ知らぬ臣民ばかり。これで此の世が治まると思ふか。神々まつりて神々にまつはりて神国のまつりごといたして呉れよ。詰らぬ事申そしてゐと愈々詰らぬ事になりて来るぞ。
十一月三十日、ひつ九の神しらすぞ。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第三十八帖 (二一一)1 昭和十九年
大きアジアの国々や、島々八十の人々と、手握り合ひ神国の、光り輝く時来しと、皆喜びて三千年、神の御業の時来しと、思へる時ぞ神国の、まこと危き時なるぞ、夜半に嵐のどっと吹く、どうすることもなくなくに、手足縛られ縄付けて、神の御子等を連れ去られ、後には老人不具者のみ、女子供もひと時は、神の御子たる人々は、悉々暗い臭い屋に、暮さなならん時来るぞ、宮は潰され御文皆、火にかけられて灰となる、この世の終り近づきぬ。この神示心に入れ呉れと、申してある事わかる時、愈々間近になりたぞよ。出掛けた船ぞ、揮締めよ。
十一月三十日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第三十九帖 (二一二)2 昭和十九年
喜べば喜ぶ事出来るぞ、悔めば悔む事出来るぞ。先の取越苦労は要らんぞ、心くばりは要るぞと申してあろがな。神が道つけて楽にゆける様に嬉し嬉しでどんな戦も切抜ける様にしてあるのに、臣民逃げて眼塞いで、懐手してゐるから苦しむのぞ。我れよしと云ふ悪魔と学が邪魔してゐる事にまだ気付かぬか。嬉し嬉しで暮らせるのざぞ。日本の臣民は何事も見えすく身魂授けてあるのざぞ、神の御子ざぞ。掃除すれば何事もハッキリとうつるのぞ。早よ判らねば口惜しい事出来るぞ。言葉とこの神示と心と行と時の動きと五つ揃たら誠の神の御子ぞ、神ぞ。
十一月三十日、ひつ九のか三のふで。

ひふみ神示 第六巻 日月の巻 第四十帖 (二一三)3 昭和十九年
ここに伊邪那美の命語らひつらく、あれみましとつくれる国、末だつくりおへねど、時まちてつくるへに、よいよ待ちてよと宣り給ひき。ここに伊邪那岐命、みましつくらはねば吾とくつくらめ、と宣り給ひて、帰らむと申しき。ここに伊邪那美命九聞き給ひて、御頭に大雷、オホイカツチ、胸に火の雷、ホノイカツチ、御腹には黒雷、黒雷、かくれに折雷、サクイカツチ、左の御手に若雷、ワキ井カツチ、右の御手に土雷、ツチイカツチ、左の御足に鳴雷、ナルイカツチ・右の御足に伏雷、フシ井カツチ、なり給ひき。伊邪岐の命、是見、畏みてとく帰り給へば、妹伊邪那美命は、よもつしこめを追はしめき、ここに伊邪那岐命黒髪かつら取り、また湯津々関櫛引きかきて、なげ棄て給ひき。伊邪那美命二の八くさの雷神に黄泉軍副へて追ひ給ひき。ここに伊邪那岐命十挙剣抜きて後手にふきつつさり三度黄泉比良坂の坂本に到り給ひき。坂本なる桃の実一二三取りて待ち受け給ひしかば、ことごとに逃げ給ひき。ここに伊邪那岐命桃の実に宣り給はく、汝吾助けし如、あらゆる青人草の苦瀬になやむことあらば、助けてよと宣り給ひて、また葺原の中津国にあらゆる、うつしき青人草の苦瀬に落ちて苦しまん時に助けてよとのり給ひて、おほかむつみの命、オホカムツミノ命と名付け給ひき。ここに伊邪那美命息吹き給ひて千引岩を黄泉比良坂に引き塞へて、その石なかにして合ひ向ひ立たしてつつしみ申し給ひつらく、うつくしき吾が那勢命、時廻り来る時あれば、この千引の磐戸、共にあけなんと宣り給へり、ここに伊邪那岐命しかよけむと宣り給ひき。ここに妹伊邪那美の命汝の国の人草日にちひと死と申し給ひき。伊邪那岐命宣り給はく、吾は一日に千五百生まなむと申し給ひき。この巻二つ合して日月の巻とせよ。
十一月三十日、ひつ九のか三。
                          (日月の巻了)

戻る