戻る

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 全十四帖  自 昭和二十二年一月一日 至 昭和二十二年四月五日  四五六帖―四六九帖

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第一帖(四五六)原文
七@日九三 三 三八九 三三 十十卍日一 回一九@ ○八八二八 六六二 三三 七一三日日三八 二六〇九十三三 九一日一一三三 二二九九八七三九三 三八日 T水九千木T火九三日日@三 一一一一 三@九三一三九@三九θ@一一 一ニ
〔注 空@巻第一帖は「あれの巻」同様、難解のため特に原文を掲げました。〕

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第一帖(四五六)6 昭和二十二年
なる世、極りて扶桑みやこぞ、みち足り足りて、万世のはじめ、息吹き、動き和し、弥栄へ、展き、睦び、結ぶ、扶桑の道鳴りはじむ道、代々の道ひらき、次に睦び、マコトの道にひかり極む、新しき世、出で、みちつづき、道つづき、極みに極りなる大道、極まる神の大道、ひらく世、弥栄神、かく、千木高く栄ゆ世に、世かわるぞ、太神、大神、神出でまして、道弥栄極む、大道に神みち、極み、栄え、更に極む、元津日の大神、元津月の大神、元津地(くに)の大神弥栄。
一月一日、ひつくのかみ。

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第二帖(四五七)7 昭和二十二年
ひふみゆらゆらと一回二回三回となへまつれよ、蘇(よみがへ)るぞ。次に人は道真中にしてワとなり、皆の者集りてお互に拝み、中心にまつりまつり結構ぞ、節分からでよいぞ。このお道の導きの親尊べよ、どんな事あっても上に立てねばならんぞ、順乱しては神の働きないと申してあろがな。直会には神の座上につくらなならんのざぞ、神人共にと申してあろがな末だ判らんのか、順正しく礼儀正しく神にも人にも仕へまつれよ。たばねの神は、束(たばね)の人は後からちゃ、後から出るぞ。
一月一日、一ニ

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第三帖(四五八)8 昭和二十二年
ひふみ四十九柱、五十九柱、神代の元ざぞ。あめつち御中ムしの神、あめつち御中ムしの神、あめつちの御中ムしの神、あめつち御中ウしの神、あめつち御中ウしの神、あめつち御中あめつち御中ウしの神、あめつち御中あめつち御中ウしの神、あめつち御中ウしの神、あめつち御中ウしの神、あめつち御中あめつち御中天地御中ムしの神、天地御中ヌしの神。天地のはじめ。
一月三日、一ニ

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第四帖 原文
八六三二 五八一二 五卍百 一二三 三二七七 八三二一 五二卍 二三三 @@卍一十 日日三 三五八 一九三三八九日三 七百八@三@○七二百百百日一日 一二三八@八二 三九@○ニ 九二三二 五二八九九十九十二一三 五一三一五九@三三二 三五三二一八二六二八 千千百三三八九ゝ 八八九千日 一六 一二

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第四帖(四五九)9 昭和二十二年
建直しの道つづき、結び、展く、日月出で、よろづのもの、一二三(ひふみ)とみち、つづき鳴り成り、ひらく大道、真理の出でそむ中心に、マコト動きて、元津神栄ゆ、元津神は真理、真愛、大歓喜の大道ぞ、うづぞ、神々のうづぞ、ナルトぞ、人のよろこびぞ、代々の大道ぞ、真理、真愛、大歓喜は、中心にひかり、ひらき極まる道ぞ、展き極まる世ぞ、鳴り極み、ひらき、うごく大道、うごき、和し、なり、大歓喜、足りに足り足る世、生れ出づる世、うごき更にひらき、次々に栄え極みて、新しきはたらきの湧く次の大御代の六合つづく道、つづき睦びて、富士晴れ極み、鳴門は殊にひかり出でて、大道は日神の中心にかへり、亦出でて、ひらき、大道いよいよ満つ、焼く神々、早くせよ。
一月六日、一二

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第五帖(四六〇)10 昭和二十二年


ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第六帖(四六一)11 昭和二十二年
天(あめ)之ひつ九守る。天之ひつ九守る。九二のひつ九守る。九二のひつ九守る。アメの神、カチのゆわの神、ア@の神守る。
(天明白す。第五、第六帖共、一月六日の神示)

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第七帖(四六二)12 昭和二十二年
これだけ細かに神示で知らしても未だ判らんか、我があるからぞ、曇りてゐるからぞ、先づ己の仕事せよ、五人分も十人分もせい出せと申してあろ、五人分仕事すれば判りて来るぞ、仕事とはよごとであるぞ、仕事せよ、仕事仕へまつれよ、それが神の御用ざぞ。神の御用ざと申して仕事休んで狂人(きちがい)のまねに落ちるでないぞ、静かに一歩々々進めよ、急がば廻れよ、一足飛びに二階にはあがれんぞ、今の仕事悪いと知りつつするは尚悪いぞ、四五十(しごと)、四五十と神に折れよ、折れば四五十与えられるぞ、祈れ祈れとくどう申してあろが、よき心よき仕事生むぞ、嘉事うむぞ、この道理まだ判らんのか、神にくどう申さすでないぞ。大智大理交はり、道はあきらか、大愛、大真出でひらく道、ひらきて大智、大愛、和し、交はりて、ひふみの極み、弥栄、弥栄の大道ぞ。
一月十三日、ひつ九

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第八帖(四六三)13 昭和二十二年
衣類、食物に困った時は竜宮の音秘(オトヒメ)様にお願ひ申せよ。五柱の生神様にお願ひ申せば災難のがらせて下さるぞ、ゆわ、あれ、地震、風、雨、の神様なり、いろはに泣く時来るぞ、いろは四十八ぞ四十九ぞ。神示はその時の心にとりて違はん、磨けただけにとれて違はんのであるから我の心通りにとれるのであるから、同じ神示が同じ神示でないのざぞ。悪の世が廻りて来た時には、悪の御用する身魂をつくりておかねば、善では動きとれんのざぞ、悪も元ただせば善であるぞ、その働きの御用が悪であるぞ、御苦労の御役であるから、悪憎むでないぞ、憎むと善でなくなるぞ、天地にごりて来るぞ。世界一つに成った時は憎むこと先づさらりと捨てねばならんのぞ、この道理腹の底から判りて、ガッテンガッテンして下されよ。
三月三日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第九帖(四六四)14 昭和二十二年
ミロク世に出づには神の人民お手柄致さなならんぞ、お手柄結構々々、神の人民世界中に居るぞ。この中に早くから来てゐて何も知りませんとは云はれん時来るぞ、神示よく読んでゐて呉れよ。時来たら説き出せよ、潮満ちてゐるぞ、潮時誤るなよ。早う目覚めんと、別の御用に廻らなならんぞ、ウシトラコンジン様、何事も聞き下さるぞ、誠もってお願ひせよ、聞かん事は聞かんぞ、聞かれる事は聞いてやるぞ。神、仏、キリスト、ことごとく人民の世話もしてやるぞ。時節到来してゐるに未だ気付かんか、人民の物と云ふ物は何一つないのざぞ、未だ金や学で行けると思ふてゐるのか、愈々の蓋あいてゐるに未だ判らんか。奥山に参りて来ねば判らんことになって来るぞ。奥山、おく山ぞ、同じ奥山が、その時々により変って来るぞ、身魂磨けば磨いただけ光りできておかげあるぞ、この道理判るであろがな。
三月三日、ひつ九のかミしるすぞ。

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第十帖(四六五)15 昭和二十二年
此の方悪が可愛いのちゃ、御苦労ぢゃったぞ、もう悪の世は済たぞ、悪の御用結構であったぞ。早う善に返りて心安く善の御用聞きくれよ。世界から化物出るぞ、この中にも化物出るぞ、よく見分けてくれよ、取違ひ禁物ぞ。この神示よく見てゐると、いざと云ふ時には役に立つぞ、肝腎の時に肝腎が成るぞ。元は元、分れは分れ、元と分れ、同じであるぞ、別であるぞ、それぞれに分れの集団(まどい)つくってよいぞ、今日働いて今日食はなならん事に皆なりて来るのざから、その覚悟せよ、上に立つ番頭殿、下の下まで目届けておらんと、日本つぷれるぞ、つぷれる前に、そなた達がつぷれるのざぞ、早う改心して誠の政治仕へまつれよ。いれものキレイにして居りたらこの方がよきに使ふぞ、今の仕事仕へて居れよ、神示腹に入れて、あせらず身魂磨き結構々々。今度は世界のみか、三千世界つぶれる所まで行かなならんのざから、くどう申してゐるのざぞ。
三月三日、ひつ九のかミ。

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第十一帖(四六六)15 昭和二十二年
大層が大層でなくなる道が神の道ざぞ、この道中行く道、神示読みて早うガテン結構ぞ。行正しく口静かにしたら神の仕組分るぞ、因縁ある身魂が、人民では知らん結構を致すぞ。神示胱んで、どんな人が来てもその人々に当る所読みて聞かすが一等ざぞ。一分と九分との戦ひぢゃ、皆九分が強いと思ふてゐるが、今度の仕組、アフンの仕組ぞ。早呑込大怪我の基と申すのは我が心通りに写るからぞ。くさい物喰ふ時来たぞ、ほんの暫ぞ、我慢よくよくせ、よくなるぞ、分れの集団の一つとして宗教も作れよ、他の宗教とは違ふヤリ方でないと成就せんぞ。大奥山はその儘ざぞ。別れざぞ、この宗教には教祖は要らんぞ、教祖は神示ぢゃ、神示がアと申してあろがな、ヤ、ワ、(ヤ)、(ワ)要るぞ、なせばなる、なさねば後悔ぢゃぞ。慎ましうして神に供へてから頂けば日本は日本で食べて行けるのざぞ、理屈に邪魔されて有る者も無くして食へなくなるのは悪の仕組ぢゃ、つ千の金神様を金の神様と申せよ。
三月三日、ひつ九のかミ。

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第十二帖(四六七)14 昭和二十二年
学の鼻高さん何も出来んことになるぞ、今に世界から正末(まつ)が段々判り来て、あわてても間に合はんことになるぞ、今の内に神示よく肚に入れておけよ、この道には色々と神の試(ためし)あるから慢心するとすぐひつくり返るぞ、考へでは判らん、素直結構ぞ。日本には五穀、野菜、海、川、いくらも弥栄の食物あるぞ、人民の食物間違へるでないぞ、食過ぎるから足らんことになるのざぞ、いくら大切な、因縁の臣民でも仕組の邪魔になると取り替へるぞ、慢心取違ひ致すなよ、代へ身魂いくらでもあるぞ。学問の世はすみたぞ、学者は閉口するぞ、商売の世も済みたから商買入も閉口するぞ、力仕事は出来んし、共喰するより外に道ないと申す人民許りになるぞ、今迄とはさっぱり物事変るから今迄のやり方考え方変へて呉れよ、神示通りに行へば其の日その時から嬉し嬉しざぞ、此処は落した上にも落しておくから、世の中の偉い人には中々見当とれんから身魂の因縁ある人には成程なあと直ぐ心で判るのちゃぞ、九の花咲けば皆よくなるのぞ、九の花中々ぞ。
三月三日、ひつ九のかミ。

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第十三帖(四六八)13 昭和二十二年
我が勝手に解訳してお話して神の名汚さん様にしてくれよ、曇りた心で伝へると、曇りて来る位判って居ろがな、神示通りに説けと申してあろが、忘れてならんぞ。履物も今に変って来るぞ、元に返すには元の元のキのマヂリキのない身魂と入れ替へせねばならんのぢや、ゝ(タマ)が違って居るから世界中軸になっても成就せん道理分るであろがな、一度申した事はいつまでも守る身魂でないと、途中でグレングレンと変る様では御用つとまらんぞ、人力屋、酒屋、料理屋、芸妓(げいこ)屋、娼妓、無く致すぞ、世つぶす基ざぞ、菓子、饅頭も要らんぞ、煙草もくせぞ、よき世になったら別の酒、煙草、菓子、饅頭出来るぞ、勝手に造ってよいのざぞ、それ商売にはさせんぞ。旧五月五日からの礼拝の仕方書き知らすぞ。朝は大神様には一拝、ニ拝、三拝、八拍手。「ひふみゆらゆら、ひふみゆらゆら/\、ひふみゆらゆら/\/\。」ひふみ祝詞のりてから。「御三体の大神様弥栄ましませ弥栄ましませ、天之日月の大神様弥栄ましませ弥栄ましませ、地(くに)の日月の大神様弥栄ましませ弥栄ましませ」八拍手「御三体の大神様」七回のれよ。終りて大神様のキ頂けよ、八拍手一拝二拝三拝せよ。夜は同じ様にしてひふみ祝詞の代りにいろは祝詞のれよ。三五七に切りて手打ち乍らひふみ祝詞と同じ様にのりて結構ぞ。昼は大地に祈れよ、黙祷せよ。時に依り所によりて、暫し黙祷せよ、お土の息頂けよ、出来れば、はだしになってお土の上に立ちて目をつむりて足にて呼吸せよ、一回、二回、三回せよ。神々様には二拝四柏手。「ひふみゆらゆら、/\/\、/\/\/\。」天(あめ)の数(かず)歌三回唱へ。「神々様弥栄ましませ弥栄ましませ」とのりて四拍手せよ。誓は時に依りてよきにせよ。霊の宮には一杯、二拍手、天の数歌一回「弥栄ましませ弥栄ましませ」二拍手、一拝。でよいぞ、ひふみゆら/\いらんぞ、誓はその時々に依りてよきにせよ。各々の先祖さんには今迄の祝詞でよいぞ。当分これで変らんから印刷してよく判る様にして皆の者に分けて取らせよ、弥栄に拝みまつれよ。
三月三日、ひつ九の。しるす。

ひふみ神示 第廿一巻 三@(ソラ)の巻 第十四帖(四六九)12 昭和二十二年
御光の輝〈御代となりにけり、嬉し嬉しの言答明けたり。あなさやけ、三千年の夜は明けて、人、神、となる秋は来にけり。日月大神、キリスト大神、シャカ大神、マホメット大神、黒住大神、天理大神、金光大神、大本大神、老子大神、孔子大神、総て十柱の大神は、光の大神として斎き祀り結構致しくれよ、二二晴れるぞ、一八十開けるぞ。御神名書かすぞ、ひかり教会のりとは、ひかりの大神、弥栄ましませ弥栄ましませ、ひかりの大神守り給へ、幸へ給へと、申せよ。弥栄弥栄。
四月五日、ひつくのかみ。
                             (空の巻了)

戻る