戻る

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 全廿三帖  自 昭和二十一年八月八日 至 昭和二十一年八月三十一日 四〇五帖―四二七帖

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第一帖(四〇五)15 昭和二十一年
五つに咲いた桜花、五つに咲いた梅の花、どちら採る気ぢゃ。今迄の教ではこの道判らんぞ、益々食ふ物なく曇りてくるぞ、その国その所々で当分暮しむき出来るぞ、野見よ、森見よと申してあろ、青山も泣枯る時来ると申してあろ、海川も泣枯る時来るぞ、まだきかず我さへよけらよいと、我れよしして御座る人民神々様気の毒来るぞ、今迄は神も仏も同じぞと申してゐたが神と仏とは違ふのざぞ、十(かみ)の動くが卍(ほとけ)ぞ、卍の動くが@(か三)ぞ、@の澄(す)みきりが(ゝ)(おおかみ)ぞ、神と仏と臣民とは違ふのぢゃぞ。
八月八日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第二帖(四〇六)15 昭和二十一年
これまでは「いろは」でありたが、愈々一二三(ひふみ)の力加はるぞ、「いろは」はやさしいが「一二三」は新(あら)いから、新事(あらごと)もするからその覚悟致されよ、その覚悟よいか、きたない心すててゐると、小さい心大きくなって自分でもびっくりする様結構が来るぞ。警察いらんと申してあるぞ。
八月九日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第三帖(四〇七)14 昭和二十一年
旧九月八日からの誓の言葉知らすぞ。五三体の大神様五三体の大神様、天之日月の大神様、雨の神様、風の神様、岩の神様、荒の神様、地震の神様、地の日月の大神様、世の元からの生神様、百々の神様の大前に、日々弥栄の大息吹、御守護弥栄に御礼申上げます。この度の三千世界の御神業、弥が上にも、千万弥栄の御働き祈り上げます。三千世界の神々様、臣民人民一時も早く改心いたし大神様の御心に添ひ奉り、地の日月の神と成りなりて、全き務め果します様何卒御守護願ひ上げます。そがためこの身この霊(タマ)はいか様にでも御使ひ下さいませ、何卒三千世界の神々様、臣民人民が知らず知らずに犯しました罪、穢、過(あやまち)は、神直日大直日(かむなおひおおなおひ)に見直し聞き直し下さいます様、特にお願ひ申上げます。元つ神えみためえみため。
八月十日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第四帖(四〇八)13 昭和二十一年
世こしらへてから臣民の種うゑて、臣民作ったのであるぞ。世、こしらへた神々様は「ながもの」の御姿ぞ、今に生通しぞ。神が見て、これならと云ふミタマに磨けたら、神から直々の守護神つけて、天晴れにしてやるから御用見事に仕上げさすぞ、臣民ばかりでは出来ん、三千世界の大洗濯、誰一人落したうもない神心、皆揃ふておかげやりたや、喜ぶ顔見たや、遠い近いの区別なし、皆々我が子ぢゃ、可愛い子ぢゃ、早う親の心汲みとれよ。
八月十日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第五帖(四〇九)12 昭和二十一年
肉体先づ苦しめたら、今度その守護神にはそれだけの見せしめせなならんことになってゐるのざぞ。神がかりでまだ世界の事何でも判ると思ふてゐる人民気の毒出来るぞ。八百八光の金神殿、愈々にかかりなされたぞ。出雲の大神様此世かまひなさる大神様なり、其の処得ないもの、人民ばかりでないぞ、三千世界の迷ふミタマに所得さして嬉し嬉しにまつりてやれよ、コトで慰め弥栄へしめよ、コトまつりて神の列(つら)に入らしめよ。その国々ぞ、あたまあたまで、まつり結構ぞ、まつり呉れよ。邪はらふとは邪無くすることではないぞ、邪を正しく導くことざぞ、追払ふでないぞ、まつろへよ。引寄せて抱き参らせよ、取違ひならん大切事ぞ、
八月十二日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第六帖(四一〇)11 昭和二十一年
取られたり取り返したりこねまわし終りは神の手に甦(よみが)へる。世の元のまし水湧きに湧く所やがて奥山移さなならんぞ。神示判る臣民二三分できたなら神愈々のとどめのさすなり。三界を貫く道ぞ誠なり誠の道は一つなりけり。神界の誠かくれし今迄の道は誠の道でないぞや。鬼おろち草木動物虫けらも一つにゑらぐ道ぞ誠ぞ。
八月十三日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第七帖(四一一)10 昭和二十一年
金(かね)いらん事になると申してあろが、世界の人民皆青くなって、どうしたらよいかと何処尋ねても判らん事近づいたぞ、早うこの神示読ましてくれよ、神の心が九分通り臣民に判りたら、神の政治判るのぢゃ、与へる政治いくらでもあるぞ、一通りと思ふなよ、時と所によっていくらでもあるの
ぢゃ、つまることない神のまつりごとぢゃ。人民の政治神国には用いられんのぢゃ、三千世界天晴れの政治早う心得て、まつり呉れよ。悪神の眷族はまだよいのぢゃ、箸にも棒にもかからん、話の判らん動物霊に化かされて、玩具(おもちゃ)にされてゐて、まだ気付かんのか、神は何時迄も待たれんから、こんな身魂は一所に集めて灰にするより外ないから心得て居りて下されよ。
八月十四日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第八帖(四一二)9 昭和二十一年
旧九月八日で一切りぢゃ、これで一(はじめ)の御用は済みたぞ、八分通りは落第ぢゃぞ、次の御用改めて致さすから今度は落第せん様心得なされよ。何も彼も神は見通しざぞ、神の仕組人民でおくれん様気付けて結構致し下されよ、二の仕組、御用は集団作りてよいぞ。大奥山はそのままにしておかなならんぞ、天明まだまだ神示の御用結構ぞ、アホ結構ぞ、リコウ出るとこわれるぞ。天明ばかりでないぞ、皆同様ぞ、皆リコウになったものぢゃナア、クドウ神にもの申さすでないぞ。
八月十五日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第九帖(四一三)8 昭和二十一年
上は上、中は中、下は下、の道と定まってゐるのぢゃ、まぜこぜならん、ちゃんと礼儀作法正しく致さな神の光出ないぞ。世に落ちてゐた鏡世に出るぞ、
八月十六日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第十帖(四一四)7 昭和二十一年
日本の人民の身魂が九分九分九厘まで悪になりてゐるから、外国を日本の地に致さねばならんから、日本の地には置かれんから、どんなことあっても神はもう知らんぞよ。
八月十六日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第十一帖(四一五)6 昭和二十一年
村々に一粒二粒づゝ因縁身魂落してあるぞ、芽生へて来るぞ。日々天地に、臣民お詑び結構ぞ、つ千おろがめよ。神国の臣民は神国の行、霊国は霊国の行。
八月十六日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第十二帖(四一六)5 昭和二十一年
肉体ある内に身魂かまふて貰わねば、今度身魂磨けて来たら末代の事、末代結構ざから、それだけに大層ざから、お互に手引合って、磨き合って御用結構ぞ、わけへだてならんぞ、判らん者はチョンに致すぞ。元のキのことは、元のキの血統でないと判らんのぢゃ、判る者は判らなならんぞ、判らんものは判らんのがよいのぢゃぞ。何事も人民に判りかけ致さな、物事遅れるぞ、十年おくれると申してあるが、おくれると益々苦しくなるから、おくれん様結構したいなれど、大層な肝腎かなめは神々様にも申されんことであるが、今の内に判って貰はねば、知らしてからでは十人並ぢゃ、それまでは神のもとのコトは申されんぞ、元の身魂に輝くぞ。
八月十七日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第十三帖(四一七)4 昭和二十一年
九二の火水。九二の日月の大神、黒住殿、天理殿、金光殿、大本殿、まつり呉れよ、併せて神山にまつり結構致しくれよ。
八月十八日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第十四帖(四一八)3 昭和二十一年
旧九月八日から、まつり、礼拝、すっくり変へさすぞ、神代までにはまだまだ変るのぢゃぞ。祓は祓清めの神様にお願して北、東、南、西、の順に拍手四つづつ打ちて祓ひ下されよ。神国の乱れ、こえキから。世界の戦争、天災皆人民の心からなり。人民一人に一柱づつの守護神つけあるぞ、日本真中、ボタン一つで世界動くぞ。
八月十九日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第十五帖(四一九)2 昭和二十一年
旧九月八日からの当分の礼拝の仕方書き知らすぞ、大神様には、先づ神前に向って静座し、しばし目つむり、気しづめ、一揖、一拝二拝八拍手、数歌(かずうた)三回、終りて「ひふみ」三回のりあげ、天(あめ)の日月の大神様、弥栄ましませ、弥栄ましませ、地(くに)の日月の大神様、弥栄ましませ、弥栄ましませとのりあげ、終って「誓の言葉」ちかへよ。終りて神のキ頂けよ、三回でよいぞ、終りて八拍手、一拝、二拝、一揖せよ、次に神々様には一揖、一拝二拝四拍手、数歌三回のりて、百々諸々(もももろもろ)の神様弥栄ましませ弥栄ましませ、と、宜りあげ、終りて「ちかひの言葉」ちかへよ。終りて四柏手、二拝一揖せよ。霊(タマ)の宮には一揖一拝二拍手、数歌一回、弥栄ましませ弥栄ましませと宣り、二拍手、一杯一揖せよ、各々(おのもおのも)の霊(みたま)様には後で「ミタマのりと」するもよいぞ。
八月二十日、一二の

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第十六帖(四二〇)1 昭和二十一年
日本の人民よくならねば、世界の人民よくならんぞ、日本の上の人よくならねば日本人よくならんぞ。祈る土地はよつくれよ。専一、平和祈らなならんぞ、その位判って居ろが。今ぢゃ口ばかりぢゃ、ロばかり何もならんぞ、マコト祈らなならんぞ。真中の国、真中に、膝まづいて祈り事されよ。今度のおかげは神示よく読まねば見当とれんのざぞ。神はその人民の心通りに、写るのであるから、因縁深い者でも御用出来んこともあるから、余程しっかり致して居りて下されよ。
八月二十日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第十七帖(四二二)1 昭和二十一年
集団(まどい)のアは神示ぢゃ、ヤとワとは左と右ぢゃ、教左と教右じゃ、(ヤ)と(ワ)はその補(たすけ)ぢゃ、教左補、教右補ぢゃ、ヤの補(たすけ)は(ワ)ぢゃ、ワの補は(ヤ)ぢゃ、ア、ヤ、ワ、(ヤ)、(ワ)、が元ぢや、その下に七人と七人ぢゃ、正と副ぢゃ、その下に四十九人ぢゃ、判りたか、集団(まどい)弥栄々々。皆御苦労ながら二の御用手引き合って、天晴れやりて下されよ、集団つくってよいぞ。強くふみ出せよ、くどい様なれど百十(もと)はそのままぢゃぞ。今度の御用は一つの分れの御用ぢゃぞ、神示よく読むのぢゃぞ、 身魂のしょうらい段々判りて来るぞ、 万民ミタマまつりの御用からかかりて呉れよ、うつし世のそれの御用、結構ひらけ輝くぞ。
八月二十八日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第十八帖(四二二)2 昭和二十一年
何(ど)の身魂も我の強い身魂ばかり、よく集ったものぢゃと思ふであろが、その我の強い者がお互に我を折りて、解け合って物事成就するのぢゃぞ。旧九月八日迄にすっくりとまつりかへてくれよ。真中に御三体の大神様、御三体の大神様、天之(あめの)日月の大神々様、地(くに)の日月の大神々様、雨の神様、風の神様、岩の神様、荒の神様、地震の神様、弥栄祀り結構ぞ、其の左に仏、基、マホメットの神様、世の元からの生神様、百々の神様、産土様、よきにまつり結構致し呉れよ、その右に地の日月の神々様、霊の諸々の神様厚く祀り呉れよ。
八月二十九日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第十九帖(四二三)3 昭和二十一年
竜宮の音秘様が神力天晴ぞ、金神殿お手伝ひ。外国では日の出の神様。神界、幽界、現界、見定めて神示読まねば、表面(うわつら)ばかりでは何もならんぞ、気つけて結構ぞ。神がもの申す内に聞くものぢゃ、帳面切ったら申さんぞ。悪と学は長うは続かん事、そろそろ判りて来るぞ。
八月二十九日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第二十帖(四二四)4 昭和二十一年
神々様の大前に申上げます。此の度の岩戸開きの御神業に尚一層の御活動願ひ上げます。大神様の大御心と御心併せなされ、いと高き神の能(はたらき)願ひ上げます。世界の民等が日々犯しました罪、穢、過は、何卒神直日大直日に見直し聞直し下さいまして、此の上ながらの御守護願ひ上げます。これは神々様への誓であるぞ。
八月二十九日、ひつぐの神。

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第二十一帖(四二五)5 昭和二十一年
建替が十年延びたと知らしてあろが、建替遅くなりて、それから建直しに掛りたのでは人民丸潰れとなるから、建直し早うかかるからと聞かしてあろが、人民には中々判らんなれど、世界の動きよく見て御用結構ぞ。世の建替は水の守護、火の守護と知らしてあること忘れずに神示読めよ、所々の氏神様は日本の内で御用なさるのぢや。どんな集団も神示が元ぢや、神示で開かなならんぞ、智や学も要るなれど、智や学では開けんぞ、誠で開いて下されよ。
八月三十日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第二十二帖(四二六)6 昭和二十一年
「ヤマタ」の「オロチ」を始め悪の神々様まつり呉れよ、心して結構にまつり始め下されよ。この事役員のみ心得よ、岩戸開く一つの鍵ざぞ、この巻、まつりの巻、
八月三十日、一二

ひふみ神示 第十九巻 ○つ@(マツリ)の巻 第二十三帖(四二七)7 昭和二十一年
悪が善に立ち返りて弥栄なる様に、取違へなき様まつり呉れよ、御用大切ぞ。
八月三十一日、一二
                           ○つ@(まつり)の巻了

戻る