富士山
世界遺産登録
(2013年)
平成25年6月22日
日月神示奉賛会 松の会 since 2013.1.8 

リンクページ

 昭和19年(1944年)6月10日。千葉県印旛郡公津村台方にある延喜式内社、麻賀多神社の末社「天之日津久神社」にて画家、岡本天明により、日月神示は降ろされた。
 画家であった天明は、画仙紙や矢立を常に持ち歩く習慣があり突然、額のあたりに「ピリッ」とした強い衝動と、右腕に焼火箸を突っ込まれたような激痛が走った。たまらず矢立と画仙紙を取り出し筆を画仙紙にのせたところ、自分の意思に反して、猛烈な勢いで筆が走り自動書記が始った。その文体は殆どが漢数字、記号、わずかなカナによるもので、当時天明自身にも読めなかったいう。
 後に、大本時代の知友である矢野シンにより初発の解読に成功。徐々に解読が進められるようになった。

天之日津久神社
ひふみ神示(第一巻 上つ巻)全四二帖
(自)昭和十九年六月十日(至) 昭和十九年七月九日
第一帖 二二は晴れたり、日本晴れ。
神の国のまことの神の力をあらはす代となれる、仏もキリストも何も彼もはつきり助けて七六かしい御苦労のない代が来るからみたまを不断に磨いて一筋の誠を通うして呉れよ。いま一苦労あるが、この苦労は身魂をみがいて居らぬと越せぬ、この世初って二度とない苦労である。このむすびは神の力でないと何も出来ん、人間の算盤では弾けんことぞ、日本はお土があかる、外国はお土がさかる。都の大洗濯、鄙の大洗濯、人のお洗濯。今度は何うもこらへて呉れというところまで、後へひかぬから、その積りでかかって来い、神の国の神の力を、はっきりと見せてやる時が来た。嬉しくて苦しむ者と、苦しくて喜ぶ者と出て来る
は神の国、神の力でないと何んにも成就せん、人の力で何が出来たか、みな神がさしてゐるのざ、いつでも神かかれる様に、綺麗に洗濯して置いて呉れよ。戦は今年中と言ってゐるが、そんなちょこい戦ではない、世界中の洗濯ざから、いらぬものが無くなるまでは、終らぬ道理が分らぬか。臣民同士のいくさでない、カミと神、アカとあか、ヒトと人、ニクと肉、タマと魂のいくさぞ。己の心を見よ、戦が済んでいないであろ、それで戦が済むと思うてゐるとは、あきれたものぞ、早く掃除せぬと間に合わん、何より掃除が第一。さびしさは人のみかは、神は幾万倍ぞ、さびしさ越へて時を待つ。加実が世界の王になる、てんし様が神と分らん臣民ばかり、ロと心と行と、三つ揃うたまことを命といふぞ神の臣民みな命になる身魂掃除身魂結構。 
六月の十日、ひつくのかみ。


太日月大神之宮 平成30年度 大祭月毎祭日程


松の会では、2004年(平成16年)2月22日「太日月大神之宮」を建立し鎮座祭を執り行いました。式典は、大本五代目補佐役出口信一先生を始め「神から人へ」「神誥記」の一二三朋子先生、書家「いろは呼吸法」山本光輝先生、青葉神社宮司片倉重信様以下そうそうたる方々に多数ご参列頂き、二月とは思えない大変暖かい日差しの中厳かに執り行われました。以来、一度も休むことなく、毎月第一日曜日に月例祭を執り行って参りました。もし参加御希望の方は、松の会世話人千葉正勝、岩澤誠一までご連絡下さい。

太日月大神之宮鎮座大祭1
1/7 月毎祭
太日月大神之宮鎮座大祭2
2/4 鎮座大祭
3/4 月毎祭
4/1 月毎祭
5/6 月毎祭
5/20 お田植祭
6/3 日月大祭
7/1 月毎祭
7/12 御光の大神祭
8/5 月毎祭
9/2 月毎祭
10/7 月毎祭
10/16 旧九月八日祭
10/21 抜穂祭
11/4 月毎祭
12/2 月毎祭

世話人 千葉正勝 岩澤誠一   連絡先:ag_iwasawa@yahoo.co.jp